クレジットカード現金化で失敗してしまう主なケースを紹介します

クレジットカード現金化は現金化業者を利用すれば基本的に失敗してしまうことありませんが、場合によっては納得のゆく取引ができないこともあります。
クレジットカード現金化で失敗してしまう主なケースを紹介します。
まずはきちんと下調べをせずに申し込みをしてしまうケースです。現金化業者の中には悪徳業者も存在するので、確実に事前に会社の所在地や概要、電話番号などを下調べしておきましょう。
また現金化業者のサイトに表示されている換金率がそのまま振込金額になるとも限りません。
換金率の金額からさらに各種手数料などが差し引かれ、換金率は80%以上とされていたのに対し、実際の振込金額は70%前後だったという口コミ評判は度々目にします。
クレジットカード現金化を行う前には、実際には口座にどのくらいの金額が振り込まれることとなるのかを担当者に確認しておくと安心して取引ができます。
加えて、最初にコンタクトを取った際の担当者の対応もチェックし、対応が悪い感じたらキャンセルするのも有効です。