クレジットカード現金化を安全性や安全に行うためのポイントを解説

クレジットカード現金化は、クレジットカード会社が認めている行為ではありませんし、もしもカード会社に現金化がバレてしまうと一括返済や強制退会などの措置を取られることもあるため、安全に行うためにはどうすれば良いのか気になる人も多いと考えられます。
クレジットカード現金化自体は法律に違反するような行為ではないため安心して行えますが、カード会社にバレずに安全に実施するためにはどうすれば良いのでしょうか。
安全にクレジットカード現金化を実践するためには、実績にある業者に申し込みを行い、さらに買取方式を採用している業者を利用することが大切です。
実績のある業者であれば詐欺に遭う危険性もほとんどありませんし、買取方式であれば購入した品物が不要になり専門店に買取をしてもらったことと同じ行為となるため違法性は見当たりません。
またキャッシュバック方式でも、必要なものを購入し、キャッシュバックを受け取っただけという体裁があるので、優良な業者を利用すれば安全に現金化ができます。

クレジットカードの現金化サイトを徹底比較しています(^^ゞ

クレジットカード現金化、優良店を選ぶにはここを注意しよう

クレジットカード現金化で検索すると、たくさんの業者が見つかります。
ランキングサイトを覗いてもあまりに多くて、いったいどう選んだら良いのかわからなくなるでしょう。
でも換金率上位を単純に選んでしまっては、損をすることになってしまうかも。
そこで、どこに気をつけて選べばいいのか、大事なところをまとめてみました。

換金率は一番大事だけど、表記はあまりあてにならない

貰えるお金はもちろん多い方がいいですよね。
それは間違っていないのですが、実はサイトに表記されている換金率は、あまりあてにならないことが多いです。
嘘ではないけど1回目だけの特別な換金率だったり、手数料が入っていなかったり、大量に換金する人にしか適用されなかったりするのです。
これは利用者が換金率で選んでしまうので、仕方のないことかもしれません。
いくら優良業者でも選んで貰えなければ事業を続けられないですから、少し無理をして表記してしまうのでしょう。
優良店を調べるには、いくつかの業者に見積もりをお願いして換金率をはっきりさせてもらいましょう。
見積もりだけなら取引は確定していませんから、現金化をお願いしなくても大丈夫です。
そして、曖昧な言い方で金額を確定されなかったり、あきらかに飛び抜けて高すぎる業者には手を出さないことをおすすめします。
一般的になりつつある現金化ですが、まだまだ怪しい業者はいます。

土日や夜間でも振り込みが早い

換金率ばかり気になりがちですが、利便性や、対応の早さは大事です。
少しくらいの換金率の差なら、気持ちよく使える業者を選択するというのもアリでしょう。
でもじゃあ最短時間が早いところを選べばいいかというと、それも少し微妙です。
早さの参考にはなりますが、いくら平日が五分対応でも、土日や夜間に対応していないのでは、いざ必要になった時に間に合わない可能性があります。
土日や夜間に必要になる場合、多いですよね。
でも土日や夜間は銀行が動いてないから結局無理ではとお思いの方。
実は2018年に開始された「モアタイムシステム」に加入している銀行は、24時間いつでも即時決済が使えるんです。
対応していない銀行もありますが、せっかく対応しているのなら便利に使いたいものです。
土日・夜間の振り込みができるかどうか、とても大事なことなので確認しておくのがおすすめです。
翌営業日になるか即時かは大きな違いです。

事故率が高いところはいくら他が良くても……

事故率というのはクレジットカードの利用停止や、強制解約などが起こるかどうかです。
現金化は「現金化しようとして使った」場合、クレジットカード会社の規約違反になります。
現金化しようとしたかを証明するのが難しいのでグレーゾーンなのですが、業者がクレジットカード会社に目をつけられてしまった場合、利用者全員が目をつけられる可能性があるのです。
そのあたりを理解して、気をつけて運営している業者を選びましょう。
事故率0を掲げている場合、少なくとも事故がないよう気をつけていることがわかります。
慎重に選ぶなら口コミを一度は検索してみると良いです。
カード事故は皆避けたいものですから、事故が起こった場合、口コミがよせられている可能性が高いです。